* Apple関連 [#yf508959]

** Keynote [#ff192cb0]
&aname(keynote-ms);
*** マスタースライドの作成の方法、特に、編集を想定したテンプレートテキストの設定の仕方について(120803) [#l3a327ea]

- まず、''「表示→マスタースライドを表示」''でマスタースライドの一覧を表示する。
- 適当なマスタースライドを選択し、テンプレートとしたい、テキストや画像等をのせる。
- テキストのテンプレートとしては、次の3種類の使用形態が考えられる。
-- (A) 恒久的に変えないテキスト(大学の名前とか)。
-- (B) ファイルごとに変わりうるが、%%%スライド全体では同じテキストを共有する場合%%%(講義名、講義全体のテーマなど)。
-- (C) 本文のような、スライド毎に異なる文章を挿入する場合、ただし、位置、フォント、行間等の属性は指定しておきたい場合。
- (A)については、必要なテキストを挿入しておけばそれでよい。
- (B)の場合、とりあえずは、必要な位置に適当なテキストを挿入しておく。スライドの編集時、対象となるテキストをダブルクリックするとマスタースライドを編集することができるので、ここで書き換えると、ファイルにおける全てのスライドに変更が反映される。
- (C)の場合、マスタースライドを開き、該当するテキストを選択した状態で、''「フォーマット>詳細>テキストプレースホルダとして定義」''を選択すると、各スライドでマスタースライドを参照することなく編集することができる。
- ''「ファイル>テーマを保存」''で保存。
- テーマの保存場所:
 /Users/***/Library/Application Support/iWork/Keynote/Themes

- 参考サイト: http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:rxt_iFvhY6IJ:docs.info.apple.com/article.html%3Fpath%3DKeynote/4.0/jp/c10kn15.html+keynote+マスタースライド%E3%80%80テキストボックス&cd=1&hl=ja&ct=clnk&client=safari

*** テキストボックスや図形を選択する際のプロパティーの初期状態を変更したい(120806) [#i78e196b]

- マスタースライドにおいて、適当に図形やテキストを配置し、好みのプロパティー(フォント、図形の色など)を設定しておく。
- テキストボックスあるいは図形を選択した状態で、''「フォーマット>詳細>現在のマスターのテキスト(図形)を定義」''をクリック。
-- 注意)テキストボックスの場合、特に必要がなければ、サイズは変えない方が良い。マスターとして配置しておいたテキストのサイズまで変更されてしまうため。
- 次回から、テキストボックスあるいは図形を選択すると、定義した内容が反映される。
- 設定したテキストボックスあるいは図形は、マスタースライドから取り除いても問題ない。

&aname(keynote-error)
*** 「正しいkeynoteの書類ではありません」タイプのエラー(121210) [#ze2149b8]

- 授業中、突然ファイルが落ち、再度開いても「正しいkeynoteの書類ではありません」の一点張り。
- その日の授業は、別の講義のスライドで差し替えれたのだが、替えの聞かない状況でこんなことが起こったらどうすればいい?
- とりあえず、解決方法はここに書いてあったので、そのまま拝借し、解決(感謝)。
-- http://d.hatena.ne.jp/scientre/20100302/repair_keynote_document
- 後日デットリンクになっていても恐いので、一応手順を要約しておく。
-- 破損しているファイルの拡張子keyをzipに書き換え、ダブルクリックで展開
-- 中に入っているindex.apxlをindex.xmlにrenameして、ブラウザで開くと、errorの箇所を教えてくれる。
-- あらかじめ、以下のコマンドにより、xmlファイルの中に改行を挿入しておく。
 perl -i.bak -pe 's/>/>\n/g' index.xml
-- ブラウザ上で「error at line ******」という表示で、何行目にエラーがあるかを教えてくれるので、その部分を(emacsなどのエディタを使って)適宜修正する。
--- 今回のケースでは、illustratorから直接コピペしたPDF画像(自動的に長い日本語名が充てられる)の一部が、おそらくは文字コードの問題で、悪さをしていた模様。対応するPDFのファイル名を適当な英語名に修正し(_il_0.pdfとか)、xmlファイル内でも同様に置換。例えばこんな感じ。
 <sf:data sfa:ID="SFEData-282" sf:path="_il_11.pdf" sf:displayname="_il_11.pdf" sf:hfs-type="1346651680" sf:size="909507"/>
--- 変更部分はsf:pathとsf:displaynameの値の部分。文字化けしていてどのファイルと対応するか分らない場合は、sizeで照合するとよい。
-- 拡張子をxmlから再びapxlに戻す(finder上で拡張子を書き換えたつもりでもxmlが残るので注意)。
 mv index.xml index.apxl
-- 再度、圧縮して、
 zip -r repaired.key ./*
-- 通常通り実行すればOK。

** インストール関係 [#o70ae3d8]
***パソコンを新調したら、、(130820) [#y25238a4]
- コマンドラインのインストール 
-- 参考サイト
--- http://tools4hack.santalab.me/howto-mountainlion-install-homebrew.html
--- http://mgrace.info/?p=1032
-- 手順
--- xcodeのインストール 
--- javaのインストール
--- Homebrewのインストール

- Emacsのインストール
-- 参考サイト
--- http://mgrace.info/?p=1032
--- http://piyopiyoducky.net/install-emacs-24-to-os-x/
-- 手順
--- autoconf,wgetなどのインストール via Homebrew 
--- Emacsのインストール(パッチ要)
--- Dropbox上にある~Dropbox/.emacs.d/init.elをローカルの~/.emacs.d/init.elにコピー(個人用メモ)

- Texのインストール [#g2c3e71d]
-- 参考サイト
--- http://mkdir.g.hatena.ne.jp/ymrl/20121105/1352166717
-- 手順
--- ghostscript、Imagemagick のインストール via Homebrew
--- MacTexのインストール


- Awkのインストール [#m2c872c4]
-- 手順
--- Type "brew install gawk" on terminal

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS