* Pukiwiki関連 [#mc9df8e5]

** 表記法の一覧 [#nc0a119e]
*** 公式のヘルプ [#z7973678]
[[FormattingRules>FormattingRules]]
*** 文字装飾 [#b72b3184]
- %%%アンダーライン%%%
 %%%アンダーライン%%%
- ''太字(強調)''
 ''太字(強調)''
- '''斜体文字'''
 '''斜体文字'''


** CGI認証 [#f9cf8e97]
*** 問題 [#ae753646]
pukiwikiのデフォルトの[[閲覧・編集認証の方法>http://pukiwiki.sourceforge.jp/dev/?PukiWiki%2F1.4%2F%A4%C1%A4%E7%A4%C3%A4%C8%CA%D8%CD%F8%A4%CB%2F%C7%A4%B0%D5%A4%CE%A5%DA%A1%BC%A5%B8%A4%B4%A4%C8%A4%CE%B1%DC%CD%F7%A1%A6%CA%D4%BD%B8%C0%A9%B8%C2]]は、Apacheの利用を前提としているらしく、ロリポップなどのCGIで動いているサーバでは適用できない。

*** 自作プラグインの利用 [#ie954b54]
[[自作プラグイン>http://pukiwiki.sourceforge.jp/?自作プラグイン%2Flogin.inc.php]]が公開されている。しかし、肝心のファイルがデッドリンク。
- login.inc.phpは当のページのコメント欄に全文書かれているのでコピーして、pluginフォルダに入れる。
- auth.phpは、アーカイブページの[[リンク(auth.php.txt)>http://web.archive.org/web/20090530125841/http://pw1.atcms.jp/pikky/]]からダウンロードし、libフォルダに入れ替える。この際、?>以下を全て消しておく。
- pukiwiki.ini.phpの中の適当な位置に、以下の文を挿入する。~
 $auth_type = 'session'; session_start();session_regenerate_id(TRUE);~

これでできた。ふ〜。(20120413)

** 画像の添付 [#rdac65aa]
サイト上方にあるのメニューより「添付」を選択して画像をアップロードした後に、&ref(*.png)でできた。(20120702)

** 画像のサイズ変更 [#gb94a8f9]
- 画像に対するパラメータの設定方法は[[ここ>http://pukiwiki.sourceforge.jp/?PukiWiki%2Fプラグイン%2F1.4#ub33546e]]に書かれている。
 #ref(ファイル名,ページ,パラメータ,タイトル])
 &ref(ファイル名,ページ,パラメータ,タイトル]);
- ファイル名以外は省略可能とあるので、例えば、
 #ref(*.png, 50%)
~とやるとエラーが出る。
- エラーを回避する方法が2つあるらしい。
 #ref(./*.png, 50%)
 #ref(*.png, , 50%)
- [[参考ページ>http://pukiwiki.sourceforge.jp/?質問箱3%2F469]]
- ふ〜。(20120810)


** HTMLタグの挿入 [#g7fce86b]
プラグインhtml.inc.phpを利用する(はじめからpluginフォルダに入っていたのでインストールの必要はなし)。html.inc.phpを有効にするため、pukiwiki.ini.phpを以下のように変更する。
 //define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 1); // 1 = Disabled
 define('PKWKEXP_DISABLE_MULTILINE_PLUGIN_HACK', 0); 
複数行引数を使用可能にするための設定変更らしい。
なお、編集制限をかけていないページではセキュリティー上の理由から、htmlの埋め込みは有効にならないよう。
~実際に利用する場合は
 #html{{~}}
として、~の中にソースを書く。
[[参考サイト >http://lsx.sourceforge.jp/?Plugin%2Fhtml.inc.php]](20120807)

** HTMLファイルのインクルード [#md2064aa]
htmlinsertフォルダの中に、HTMLファイルを入れ、
 #htmlinsert(*.html)
として、ファイル名を直接指定すると、wikiページの内部に
外部のHTMLファイルを表示させることができる。
~実際に試してみたところ、HTMLファイルで文字化けが起きてしまったので、
文字コードをeuc-japanとして保存したところ、文字化けがなおった。
おそらく、pukiwikiの本文自体の文字コードがeucのため、それに合わせる必要があったのだと思われる(20120809)。

**javascriptを有効にする [#lf12cf49]
同じく、pukiwiki.ini.phpの設定を以下のように一部変更。
 //define('PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT', 0);
 define('PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT', 1);
[[参考サイト > http://pukiwiki.sourceforge.jp/?自作プラグイン%2Fdatefield.inc.php]](20120807)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS