生体情報論(2013.4.15-7.24)

  • レポート課題(7/24)
    • 全ての授業を通して印象に残ったトピックを3つとりあげ, 各トピックについてその講義内容(A)と感想(B)を合計で500字以上で書くこと。
      • (つまり合計で1500字以上。また、AとBは必ずしも分ける必要は無い)
    • 授業で話されていた内容が反映されているかを重視します。逆に、WEBの検索を駆使してまとめあげたようなレポートに対しては、かなり厳しい採点が与えられることを覚悟して下さい。
    • 8/2(金)の午前中までに小鷹のレターボックスへ。

第1回 (4/16)「ロボット研究を通して生体情報を学ぶ意義を考える」 - 自己紹介、環境構造化、ハードとソフト、Willow Garage社、BOSTON DYNAMICS、甲野武術、ニューロンミュージック

第2回 (4/22)「被験者実験を体験する」- somatic Rubber Hand Illusionの実験

  • 実験の趣旨、詳細、結果の考察などは、7月以降の授業で計画しています.

第3回 (5/13-1)「情報と仮想」- シェーンハイマーの実験、ネッカーキューブ、環世界、ちらつき融合頻度

  • 生物と無生物の間(福岡伸一)Amazon
  • 生物から見た世界(ユクスキュル)Amazon

第4回 (5/13-2)「3月の5日間(チェルフィッチュ)」

  • 課題:『なぜ演者の身体の動きは、演者の言葉の流れに対して「不自然」にみえるのか、あるいは「自然」にみえるのか。』
  • 分量:A4で1枚以内
  • 締切:5/20の授業まで
    • 「なぜチェルフィッチュ『3月の5日間』は、おぞましいうえに、かといって目を背けることができないのか」(20130802) twilog

第5回 (5/20)「脳のなかのボタン」- ペンフィールドの実験(vocalization、フラッシュバック)、脳の快感中枢(リモコンネズミ)、リベの実験(意図のボタン)、エイリアンアームシンドローム

  • 脳と心の招待(ペンフィールド)Amazon
  • マインドコントロールの拡張(浜田至宇)Amazon
  • 心を生み出す脳のシステム(茂木健一郎)Amazon
  • 自由は進化する(ダニエル・C・デネット、山形浩生訳)<第八章> Amazon
  • マインド・タイム 脳と意識の時間(ベンジャミン・リベット 下條信輔訳)Amazon
  • 単純な脳、複雑な「私」(池谷裕二)<第三章> Amazon
  • エイリアン・アーム・シンドローム(サイト、映像あり)web
  • ネズミの遠隔操作、デルガドの牛の実験 Youtube
  • Reward, Motivation and Emotion Systems Associated With Early-Stage Intense Romantic Love, Journal of Neurophysiology, 2005 pubmed
  • Unconscious determinants of free decisions in the human brain, Nature Neuroscience, 2008 PDF
  • Rat navigation nuided by remote control, Nature, 2002 PDF

第6、7回 (5/27、6/3)「意識はあなたのたかだか一部である」 - 情動二要因理論、サブリミナル効果、無意識偏好の計測、無意識の自己愛(Implicit Egotism)、無意識の知(意識と行動の乖離、somatic marker 仮説、Skin Conductance Responseデモ)

  • 情動二要因理論、サブリミナル効果
    • サブリミナル・マインド(下條信輔)<第二講、第七溝> Amazon
    • サブリミナル・インパクト(下條信輔)Amazon
  • 無意識偏好の計測
    • IAT(Implicit Association Test)テスト Web
  • 無意識の自己愛(Implicit Egotism)
    • Jones JT, Pelham BW, Carvallo M, Mirenberg MC.: How Do I Love Thee? Let Me Count the Js: Implicit Egotism and Interpersonal Attraction, Journal of Personality and Social Psychology 2004, Vol. 87, No.5, 665-683 PDF
    • Brett W. Pelham, Matthew C. Mirenberg, and John T. Jones: Why Susie Sells Seashells by the Seashore: Implicit Egotism and Major Life Decisions, Journal of Personality and Social Psychology, Vol.82, No.4, 469-487, 2002 PDF
    • Miguel Brendl, Mauricio Carvallo, Amitava Chattopadhyay and Brett Pelham: Name Letter Branding: Valence Transfers When Product Specific Needs Are Active, Journal of Consumer Research Vol.32, 405-415, 2005 PDF
  • 無意識の知
    • Flanagan JR, Beltzner MA: Independence of perceptual and sensorimotor predictions in the size-weight illusion, Nature Neuroscience, Vol.3, No.7, pp.737-741, 2000
    • Prehn-Kristensen A, Wiesner C, Bergmann TO, Wolff S, Jansen O, Mehdorn HM, Ferstl R, Pause BM: Induction of empathy by the smell of anxiety, PLoS One, Vol.4, No.6, 2009 PLOSONE
    • Wen Zhou and Denise Chen: Encoding Human Sexual Chemosensory Cues in the Orbitofrontal and Fusiform Cortices, Journal of Neuroscience, Vol.28, No.53, pp.14416-14421, 2008 PDF
    • Bechara A, Damasio H, Tranel D, Damasio AR.: Deciding advantageously before knowing the advantageous strategy, Science, 1997 PDF

第08回 (6/10)(番外編)「誕生日、奇数、偶数、素数、互いに素、、、、等の一見怪しい話」

第09回 (6/17)「編集される主観的な時間体験」- Cutaneous Rabbit Effect、新規刺激に対する主観的な持続時間の増大、「人が強い恐怖を感じているときに、時間が遅く流れるのは本当か?」

  • Cutaneous Rabbit Effect(事後的に編集される時間)
    • Tomohisa Asai and Noriaki Kanayama: “Cutaneous rabbit” hops toward a light: unimodal and cross-modal causality on the skin, frontiers in perception science, 2012 WEB
    • Jay P. Warren, Marco Santello, Stephen I, Helms Tillery: Electrotactile stimuli delivered across fingertips inducing the Cutaneous Rabbit, Exp Brain Research, 2010 PDF
  • 「時間の長さ」に関する錯覚
    • Vani Pariyadath, David Eagleman: The Effect of Predictability on Subjective Duration, PLOS ONE, 2007 WEB
    • Chess Stetson, Matthew P. Fiesta, David M. Eagleman: Does Time Really Slow Down during a Frightening Event?, PLOS ONE, 2007 WEB
    • 授業で見せたデモ PROCESSING

第10回 (6/24-1)「見えること、見ること - 能動的な視覚 - 」- 視覚経路(上丘経路、WHAT経路、HOW経路)、経路起因疾患(ブラインドサイト他)、盲点とフィリング・イン、サッカード、 意識の時間的編集(クロノスタシス、閃光遅延現象)、運動残効(順応)、足踏み錯覚、ゴリラ効果、変化盲、サビタイジング

  • 全体的に
    • MIND HACKS 実験で知る脳と心のシステム(Tom Stafford, Matt Webb)<第二章>Amazon
  • 視覚経路 [#p92c14fe]
    • イラストレクチャー 認知神経科学(村上郁也)<第2章>Amazon
  • 視覚経路に起因する疾患 [#h3f36fef]
    • [盲視] 脳のなかの幽霊(V. S. ラマチャンドラン)p113- Amazon
    • [盲視] - 進化しすぎた脳(池谷裕二) p151-157 Amazon
    • [クルーバー・ビューシー・シンドローム] 脳のなかの幽霊, p117
    • [バリント・シンドローム] 脳のなかの幽霊, p119
  • 盲点 [#z675338b]
    • 脳のなかの幽霊, <第五章>
    • 進化しすぎた脳, p157-159
  • サッケード [#j9921ce7]
    • Q&Aでわかる脳と視覚(乾敏郎) p9-12 Amazon
  • クロノスタシス [#j9921ce7]
    • MIND HACKS 実験で知る脳と心のシステム p62-65
  • 閃光遅延現象 [#nbbc3178]
  • 運動残効 [#ed35f9ea]
  • 足踏み錯覚 [#v765f33d]
  • ゴリラ効果 [#s7730885]
    • (ビデオ等)web
  • 変化盲 [#af3e0a64]
  • サビタイジング [#h89cc0d2]
    • MIND HACKS 実験で知る脳と心のシステム p133-136

第11回 (6/24-2)「アルスエレクトロニカの受賞作品を見る」

第12回 (7/08)「能動的な聴覚」「言語」

第13回 (7/22)「多感覚による知覚・共感覚」

第14回 (7/24-1)「身体感覚1」

第15回 (7/24-2)「身体感覚2」

休講予定(7/1 - 認知心理学会出張、7/15 - ASSC出張)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-02-12 (水) 14:38:11 (1374d)