インタラクティブメディア(芸術工学実習)

  • 第1回(09/22) MAXの基礎(音響再生に特化して)
  • 第2回(09/29) MAP(音響処理、おうむ返しプログラム)
  • 第3・4回(10/20) MAX/MSPとProcessingをつなぐ(OpenSoundControl)
  • 第5・6回(10/27) Arduino(センサー、OSC)
  • 第7回(11/10) Arduino(アクチュエータ、OSC)
  • 第8回(11/17) 未定

情報処理(学部1年向け)

(済)第00講 (09/25)イントロダクション 参考資料

(済)第01講 (10/01)HTMLファイル作成の基本 参考資料

(済)第02講 (10/08-15)スタイルシートの基礎 参考資料

(済)第03講 (10/15-22)canvasへの描画の基礎 参考資料

(済)第04講 (10/22-29)変数と演算 資料

(済)第05講 (11/5-12)くりかえし文の活用 資料

(済)第06講 (11/19-11/26)条件文 資料

(済)第07講 (12/3-12/10)Mathオブジェクトの活用 資料

(済)第08講 (12/17)配列 資料

(済)第09講 (01/07)関数 資料

(済)第10講 (01/14)アニメーション(最終課題) 資料

追加課題について

  • 最終課題の(3つの要素アニメを含む)アニメーションを、新たにもう一つ作成しなさい(ベストショットも含む)。
    1. 前回提出したものとは質的に異なるパターンとなるように努力すること(単に、文字を変えた、色を変えた、タイミングを変えた、、はNGです)
    2. いずれかのアニメに、自分で選んだ画像をランダムに切り張りするタイプのものを入れること。HTML5における画像の取り扱いについては、検索すればいくらでも出てきます。(例えば)以下のWEBサイトを参考にすること
      1. SITE1
      2. SITE2
  • 締め切りは2月18日(木)、私のメールアドレスに、ファイル一式を圧縮して、直接送ってください(メルアドは掲示板に書いてあります)。
  • 対象者となる二人の学籍番号を学内掲示板にて掲示しておきます。なお、今回の授業では、この二人とは別に、三人の落第者が出ています。

メディア工学(学部3年向け)

記録

  • 第一回:4/9-16(メディア工学という視点)
    • メディアを不可視化すること、脳をメディアととらえること、メディアの設計に<自然>を導入すること、ASIMOとBIGDOG、身体を群知能的に運用すること(甲野善紀、蝦名健一)、制作における他者性(村上春樹のうなぎ、大竹伸朗のスクラップブック)、メディアによって内的な<装置>(脳)を逆照射することの意義、錯覚の意義、人間性を変える脳の変化(『意識は傍観者である』(David Eagleman))、「偶有性」に対する知
  • 第二回:4/16-4/23-4/30(脳のなかのボタン)
    • ペンフィールドの実験(ホムンクルス・Vocalization・フラッシュバック)、快感中枢(ネズミの遠隔操作)、デルガドの実験、ニューロンで表現される情報(発火、Rate coding、興奮性細胞-抑制性細胞、おばあさん細胞、sparse coding、population coding)、ボタンを<別のもの>につなげる(BMI、HAL、ネズミの遠隔コラボレーション:Brain-to-Brain Interface)、脳の可塑性(ヘブの法則)
  • 第三回:4/30-5/07-5/14-5/21(私のなかで幅を利かせている、私でないもの)
    • 情動二要因理論(偽の心音・偽薬・カンニング)、意識と行動の乖離、虫の知らせ(somatic marker仮説、SCR)、チェルフィッチュ『3月の5日間』、前向性健忘(博士の愛した数式、good-guy bad-guy実験)、サブリミナル効果、無意識の自己愛(名前、誕生日、name letter effect、奇数と偶数)、統計(帰無仮説・p値・有意な差)
  • 第四回:5/28-6/04-6/11(編集される主観的な時間体験)
    • cutaneous rabbit effect、リベの実験、エイリアンアームシンドローム、時間の長さに関する感覚の変調(debut illusion, oddball illusion)、temporal binding(心理的な時間のつぶれ)、sense of agency(行為が自己に帰属する感覚、因果性、能動的な選択、動作の帰属)、同時のつくられ方(世界35と世界135、順序の反転)
  • 第五回:6/18-6/25-7/2-7/9(身体的リアリティーの可塑性)
    • ownership、rubber hand illusion(身体イメージ、体性感覚、固有感覚、proprioceptive drift、supernumerary hand illusion、marble hand illusion)、幻肢(学習された麻痺、ラマチャンドランのミラーボックス)、道具と身体(バイモーダルニューロン)、full body ownership distortion(body swapping、gender swapping、barbie doll illusion、幽体離脱、out of body illusion、full body illusion、substitutional reality)、self-touch illusion
  • 第六回:7/16(<身体から世界を理解する>)
    • 感覚の恣意性(体節の進化、MeltzoffとBortonのおしゃぶり実験、赤ちゃんの未分化モダリティー、Tongue Display Unit)、メンタルローテーション(右手か左手か、他者視点と体外離脱、交差か反発か)、ことばの手触り(ブーバキキ効果、共感覚の脳内混線仮説、言葉の恣意性の外部、概念の知覚における運動イメージ)、知覚と運動の協調(くすぐり、ゴンドラ猫、内的な運動)

課題

  • 第一回課題(5/28)
    • 『あなたにとっての、<あなたのなかで幅を利かせている、あなたでないもの>にはどんなものがあるか。そして、あなたは、その<あなたでないもの>とどのようにつき合っていますか、あるいは、これからつき合っていこうと思いますか。授業で触れたトピックに即して書きなさい。』
    • 500字以上、ただしA4一枚以内に抑えること。
    • 6/4 あるいは 6/11の授業終了後に、小鷹まで直接に提出してください。
  • 第二回課題(6/11)
    • 『計算機のなかの時間と脳内の主観的な時間の違いを授業で紹介したいくつかの例をあげながら(およそ)500字以内で簡潔に述べよ。ただし、「debut illusion」「oddball illusion」「sense of agency」と「temporal binding」の言葉を使うこと。授業に出ていなかったものは、自分の経験に照らして考えなさい(この場合、上記の言葉を使わなくてよい)。』
    • 6/18の授業終了後に、小鷹まで直接に提出してください。
  • 第三回課題(7/9)
    • 以下の3つのビデオに関して、それぞれ、どのような<錯覚>を扱ったものかについて、なるべく簡潔に"解説しなさい"。「話されている英語を和訳しなさい」という課題でないことに注意すること(英語は必ずしも理解する必要は無い)。あくまで、どのような現象を扱ったものなのかを、授業で理解したことを踏まえて、簡潔に説明すること。なお、ビデオ1については「SCR(Skin Conductance Response, あるいは皮膚伝導反応)」、ビデオ2については「proprioceptive drift」、ビデオ3については「パノラマカメラ」というキーワードを(なるべく)使うこと。
    • 7/16の授業終了後に、小鷹まで直接に提出して下さい。
  • 最終課題(7/16)
    • あなたが15回の授業を通して学んだことを、
1500字以上で自由に書きなさい. ただし、小鷹が資料のなかで多用したキーワードである<装置>という言葉を使うこと。
    • 7月31日(木)までに、小鷹のレターボックスへ。締め切り厳守です。(8/1のうちに採点し、成績を提出する予定です。)

授業で紹介した映像等の素材のリンク先

メディア工学演習(学部3年向け)

サンプルダウンロードページ

スケジュール

  • 01-05回(4/09-5/07)スクラップアニメーション(プログラムリテラシの復習を兼ねて)
  • 06-11回(5/14-6/18)ボイドの実装と評価(集団の振る舞いをデザインする)
    • 06(5/14)準備(BoidIndividualクラスを使う)
    • 07(5/21)結合ルール・衝突回避ルール
    • 08(5/28)整列ルール
    • 09-11(6/04-18)ボイドの振る舞いを観察する(視界範囲を変えたときの集団の振る舞いから「豊かな関係性」の条件を考察する)
  • 12-15回(6/25-7/16)視聴覚錯覚を誘起するプログラムをつくる
    • 12-13(6/25-7/2)実装(millis関数によるタイマー処理・minimライブラリによるサイン波の再生)
    • 14-15(7/9-7/16)実験

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-13 (月) 05:31:25 (955d)