卒業によせて(2013年卒業生、浅井さん・澤田くん・鈴木さん・森田さん)

  • まずは素敵な花をありがとう。
  • 花っていいですね。(たとえそれがあってもなくても)強い気持ちが伝わります。
  • 僕が勝手に読み取った強い気持ちを、そのまま受け取っておきます。
  • ありがとう。
  • あなたたち4人は、僕の研究室からのはじめての卒業生です。
  • 僕は、これまで、<先輩という立場ですら>誰かの研究制作に対する長期的に指導をする、ということをしたことがありませんでした(避けてきましたし避けられてきました)。
  • あなたたち4人を担当していたのは、そんな危うい人間でした。
  • 実際のところ、僕は教育よりも研究が好きで、それはこれまでも、これからも変わらないと思います。
  • それでも、誰かの人生のとても大事な時期にじっくりと寄り添って、世界がもう少し奥行きを持って見えるように手助けをすること、こんなおせっかいな役回りを恥ずかし気も無くやらせてもらえることが、大学教員という仕事であるとしたら、こういう立場にたつことそのものが、僕にとってものすごく教育的だったんだなぁ、と。
  • 僕のおせっかいに(ときどき)つきあってくれてありがとう。
  • 最後に。
  • 世界を安易に解釈しようとする自意識に抵抗せよ!!
  • あなたはあなたであると同時に、あなたが嫌悪しているあの人でもあるはずなのです。
  • 卒業おめでとう。(140326)

うちの畑にて。

 flower_in_garden.jpg


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-26 (水) 10:36:54 (1332d)